このエントリーをはてなブックマークに追加

素材を確かめる

材料試験をすることでどういった素材なのか、特徴を確認することが出来るでしょう。素材によっては耐久性を見ることも出来ます。材料試験のお陰で製品がどのくらい持つか判断することが出来るでしょう。

鮮明な画像

近年、マイクロスコープの機能性が上がっています。マイクロスコープは人の目では確認することが出来ないものも見ることが出来ます。その為、作業をスムーズに進めることが出来るようになりました。

役立つ製品

オイルスキマーがあることで作業中に使用した、油の臭いを気にしないで作業に集中することが出来ます。オイルスキマーにはノズルがついており、油を吸ってタンクに入れることが可能です。

場所を取らない

タッチモニターは今の現代社会には当たり前のように存在しています。この技術のお陰でホワイトボードがなくても、会議の議事録などをまとめることが出来るようになりました。

色々な職場で使用できる

マイクロスコープの画面にこだわろう

細かなところを見るためのマイクロスコープ。精密機器の開発や設計、脳外科の手術などに用いられています。なのでマイクロスコープを取り扱っているメーカーでは様々な商品を取り扱っているので、作業に合わせて賢く活用しましょう。まず映像の出力がいろいろと種類があります。マイクロスコープ本体にモニターが付いているものがあります。また、外部モニターに出力できる商品もあります。この外部に出力できる商品はUSBで接続するものやHDMIケーブルでモニターに直接出力するものがあります。その為レンタルまたは購入されるときは用途に応じて考えてください。例えば製作過程を資料としてまとめながら使用したい場合はUSBのもの、大人数で1つのモニターを見るような作業にはHDMIなどのモニターに直接接続するものがおすすめです。

レンズやモニターにこだわってみましょう

マイクロスコープを導入したけれど、上手く利用できないと思っていらっしゃる方がいるようです。その悩みの大半がズームや範囲に関することだそうです。それを解決するにはレンズを変えてみましょう。レンタル業者では取り付けることによって、より広い範囲を見ることが出来るワイドコンバージョンレンズを貸し出しています。大体は小数点以下の倍率で表記されています。これを取り付けることにより、広範囲を見渡す時に重宝します。また外部モニターを一緒に導入される方はモニターの方にも気を使いましょう。機械同士にも相性があり、またせっかくハイビジョンのマイクロスコープを導入してもハイビジョンに非対応のモニターですともったいないです。

Copyright (c) 2015 all reserved.