マイクロスコープや精密機器を使って細部までチェックしよう

場所を取らない

社内での最新情報を共有する機器として

これまで画面をタッチする事でIT機器の操作を行うと言う事は考えられず、全てボタンなどの入力デバイスを使用していました。しかし、近年になってスマホが普及し、今では当たり前のように一般人がタッチモニターに触れるようになりました。個人での普及が急速に進む中、企業の中にも導入して業務の効率化を図ろうとする動きが進みました。中でも多くの工場などで利用されているのが、情報共有の媒体としてのタッチモニターです。従来は情報をプリントアウトして紙にして配布するのが主流で、加えてホワイトボードや掲示板で管理していました。しかし、これだと最新情報が伝達出来ない事と場所をとるメリットがありました。それを全て解決してくれるのがこの最新技術なのです。

詳細な情報伝達とその先へ

会社はどこもコスト削減に努めており、繊細な部分まで事務所で数値管理する事によって効率化を目指しています。こうした動きが増えるのはもちろん良い事なのですが、これがスタッフ全員に伝わってなければ意味がありません。社訓や理念と言った点での意思疎通は出来ていても、その場その場で変動する売り上げや生産・活動状況については中々把握しきれるものではありません。その事から、今は現場でタッチモニターを利用した情報伝達のための技術が開発されています。企業のスタッフに詳細な情報までいち早くチェックして認識しておいてもらう事で、的確で柔軟な対応を可能にしているのです。タッチモニターはただの利便性だけでなく、その先にある技術の応用にまで進化しています。

Copyright (c) 2015 マイクロスコープや精密機器を使って細部までチェックしよう all reserved.