マイクロスコープや精密機器を使って細部までチェックしよう

鮮明な画像

マイクロスコープを購入する

普段、肉眼で確認できないような拡大映像を見るために使用されるのがマイクロスコープです。一般に顕微鏡といわれるジャンルでは実態顕微鏡や電子顕微鏡などがよく使われますが、最近、手軽なUSBマイクロスコープが比較的手価格で市場に登場するようになりました。USBあるいはテレビ用のコネクションジャックがついているタイプのものが多く、デジタル式なら、そのままパソコンなどに接続して手軽にマイクロスコープの映像を観たり保存したりできます。また、モニターに映すのが主目的の場合はテレビ用ジャックの付いたタイプのものが手軽に利用できます。価格はマイクロスコープのタイプや解像度などによって大きく異なりますが、安いものだと3万円程度からあります。

一般的な光学顕微鏡との違い

デジタルマイクロスコープの場合、さらに便利な機能がついているモデルが登場しています。パソコンに直接、接続できるため、デジタル映像を様々な形に加工、修正することができます。高級モデルになると、高解像、高精細な画像を観ることができるため、いろいろな用途に応用することが可能です。一般的な光学顕微鏡との違いは、焦点の深さ、視野の広さ、作業距離などの柔軟性だと言えます。最近は観察対象の映像の保存や解析、あるいは画像の三次元化など加工などが要求されることがあります。デジタルマイクロスコープの特徴を活かすことで、それらのニーズに応えることができます。マイクロスコープを製造販売しているメーカーは多くあります。用途に合ったものを選ぶことで作業効率や質の向上が図れます。

Copyright (c) 2015 マイクロスコープや精密機器を使って細部までチェックしよう all reserved.